息子の弁当作りのため毎朝5時に起きるのですが、就寝が12時を過ぎるので睡眠時間が足りていないのが一番の悩みです。

日中強い眠気に襲われてしまい、仕事に支障のないように気をつけてはいますがやはりボーッとしてしまいます。

加えて最近「睡眠負債」というキーワードをよく耳にするようになり、将来認知症を発症しやすくなったりすると聞き年齢的にも大変気になっているところです。起床時間はどうしても変えられないため就寝時間を早くすれば良いのですが、ダラダラと起きてしまいなかなか改善できません。

もう一つの悩みはいびきです。子どもの頃から鼻が弱いというか、鼻炎にかかりやすい体質のせいもあると思います。家族に聞いてみると、やはり息苦しそうであるとのこと。

口呼吸になってしまい、口内だけでなく喉も乾燥して朝起きるといがらっぽくなっていることがしばしばです。口内の乾燥は口臭の原因にもなるし、喉が乾燥すると風邪の症状が出てきて長引くなどの心配もあります。

 

できるだけ早く寝て、寝る前には水分摂取も控えています

睡眠時間については、起床時間は固定されているのでこれまで就寝前に読書などのんびりしていた時間を睡眠に充て、出来る限り就寝時間を早くすることを心がけるようにしました。

また、少ない睡眠時間でもなるべく質の良い睡眠がとれるように、寝る前にはテレビやPCなどを見ないようにする・夜中に目がさめることのないように、寝る直前はお茶等水分の摂取を少なめにするなどしています。

いびきについては鼻炎にかかりやすいのが一番の原因だと思うので、少しでも鼻に違和感を感じたら耳鼻科を受診して、鼻づまりなどの症状が悪化しないように気をつけるようにしています。

睡眠外来を設けている耳鼻科もありますが、調べたところ1泊して検査をするそうなので、主婦であり家を空けられないためそちらの受診は見送っています。

無呼吸症候群なども気になりますし、時間が取れるようになればしっかり検査・治療をしてもらって快適な睡眠が取れるようになればいいなと思っています。

無呼吸症候群で悩んでいるなら改善するサプリがあるそうなので、そちらも検討したいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です